早めの対策が重要

口コミ

ストレッチがおすすめ

老眼は誰にでも起こる老化現象です。最近はパソコンやスマホ、タブレットなどの普及により、目を酷使する人が増えているため、老眼の症状を感じる年齢も早まってきている傾向にあります。以前ならば早くて四十代、たいていの人は五十代頃になってから発症するといわれていましたが、現代では三十代や二十代の発症も珍しくありません。ただ、誰もがなるからといって諦めることはありません。老眼は予防することもできますし、発症してから症状を改善することもできます。まず行うべきは目に負担のかかる状況を少なくすることです。暗い中でスマホやパソコンを使ったり、長時間スマホなどを使ったりするのは目のピント機能に著しく負担をかけます。長時間パソコンなどを使わねばならない場合は、数十分に一度遠くをみたり、ブルーライトカット機能を使ったり、画面の彩度を落としたりして負担を少なくする工夫をしてみましょう。このようなことに気をつけるだけで目かなりの予防になります。より本格的に老眼予防に取り組みたいと思ったら、遠近を交互に見るストレッチがおすすめです。近くにピントをあてたあと、遠くを見るという動作を交互に繰り返すだけで目の筋肉をストレッチすることができます。また、食べ物で予防することも可能です。目によいと言われているルテイン、アントシアニン、ビタミンB、ビタミンAなどをとるのもよいでしょう。目によい成分を集めたサプリメントなども効果的です。