加齢だからとあきらめない

困る人

目のアンチエイジング対策

老眼になってしまうと、遅かれ早かれ誰にでも訪れる目の老化現象だから仕方ないと諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし老眼の進行を遅らせたり予防・改善することは可能です。老眼とは加齢によって物を見る時にレンズの役割をする水晶体が硬くなりピントを調節する機能が衰えて、近くのものが見えずらくなる症状の事を言います。しかし逆に言うとその衰えた筋力を鍛えればその症状は予防・改善されるということです。そこで老眼予防・改善対策として目のトレーニングや目に良いとされる食品などいくつかご紹介します。まず目を回す運動です。顔は動かさず、右→右斜め上→上→左斜め上→左→ 左斜め下→下→右斜め下と目をゆっくり回し、これを数回繰り返します。こうする事で目の周りの筋肉がほぐされて、血行もよくなり目の疲れも改善できます。又近くのものと遠くのものを交互に見る遠近トレーニング法も効果的です。今は写真などを見て遠近トレーニングができる本もたくさん売られているので利用してみてはいかがでしょうか。老眼を自覚する人は早い人で40歳前後ぐらいですが、その時期は人それぞれです。近視の人は老眼を自覚するのが遅いと言われていますが、老化の早い遅いは生活習慣、特に食生活が影響していると言われています。まずなにより一番大切なのはバランスの取れた食生活を心がけることです。又、老化を防ぐ作用がある抗酸化物質を多く含む食品を取ると良いと言われています。その代表的栄養素がルテインです。ルテインが含まれている食品としてセロリ、ケール、パセリ、 ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜が上げられます。そして目に良いと有名なブルーベリーなどに含まれるアントシアニンも効果があると言われています。これらはサプリメントで手軽に補うのも良いでしょう。予防・改善の為には毎日コツコツ続けることが大事です。