メンズ

目を休ませる

老眼の予防には目を休ませることも時には必要です。また、睡眠時間もたっぷりとって、目の血流を良くしましょう。それから、サプリメントを利用してみるというのもいいかもしれません。口コミ情報を参考にして予防方法をチェックしてみましょう。

眼のトレーニングが大切

女性

早い段階で対策しよう

老眼は40代を迎えれば誰でも起こる老化現象のひとつで、近くが見えにくかったり、かすみ目などの症状があります。最近では、20〜30代の若い世代がスマートフォンで目を酷使することで発症するスマホ老眼が問題になっています。加齢による老眼はピント調節の働きをする毛様体筋という筋肉が衰えることで、近くにピントが合わせづらくなります。スマホ老眼は長時間スマートフォンの画面を顔の近くで見続けることで、毛様体筋の緊張状態が続き、筋肉の疲れが原因でピントが合わせづらくなります。スマホ老眼はスマートフォンの使用を控えたり、定期的に目を休ませることで予防・改善することができます。加齢による老眼は、眼のトレーニングを継続的に行うことが予防や改善につながります。毛様体筋をはじめとする目のまわりの筋肉をほぐしたり、動かすことで血行が良くなり、目の老化を予防したり、老眼の進行を遅らせることができます。眼のトレーニングは近くと遠くを交互に見たり、まばたきを繰り返すなどの方法があります。毎日継続して行うことが大切ですが、やりすぎも筋肉疲労になり、症状が悪化する可能性があるので、適度な回数をこなすことが必要です。老眼の症状がひどくなる前から始めると効果を感じやすくなるので、早い段階で対策しておくと良いでしょう。眼のトレーニングに関する書籍も数多く出版されており、ゲーム感覚でできるドリル形式のものや日めくりタイプのものは、毎日飽きずに続けることができると高い評価を得ています。実際に老眼予防のトレーニングを行った方からは、ドライアイや目の疲れなどの目の不調が改善できたという声が上がっています。

目

アンチエイジングしたい

老眼予防のアイテムはいくつかありますが、その中でもアントシアニンやルテイン、ビタミン類のサプリメントは非常に有効です。この他、楽しみながら老眼予防したいのなら立体視の本もおすすめです。可能なら、アイテムに頼る以外に、瞼のマッサージをしてみるのも良いでしょう。

困る人

加齢だからとあきらめない

老化現象である老眼は、日頃から予防対策をとることで進行を緩めたり、改善することが分かっています。目の緊張を緩める体操を定期的に行ない、目の働きを助ける栄養素の入ったサプリなどを毎日摂取するのが良いでしょう。

男女

最近近くをみるとぼやける

老眼は、加齢に伴い目のピント調節機能が衰え、近くのものがぼやけて見えにくくなったり、目が疲れやすくなり肩こりや頭痛を引き起こす症状のことです。食べ物やトレーニングなどの自宅ケアで予防をすることも可能です。

口コミ

早めの対策が重要

老眼は誰にでも起こる老化現象ですが、予防することも可能です。まず目に負担がかかる状況を避けるように工夫するのがよいでしょう。遠近を交互に見るストレッチもおすすめです。食べ物から目によい成分を摂取するのもよいでしょう。